パチンコスロット マーケティング

7月話題パチンコ機「牙狼」「仕置人」導入時に考えること

投稿日:2019-05-24 更新日:



7月久々のパチンコ ビッグタイトルが発売されます。

7/7サンセイR&DP牙狼冴島鋼牙 XX-MU50,000台販売
7/21京楽Pぱちんこ必殺仕置人50,000台販売

各メーカーの代表的なコンテンツとなりますので当然力は入っています。

私も2機種とも実機を確認させていただきました。

演出面についてはいずれも業界最高水準、スペック面についても、それぞれ一長一短はありますが、現在の内規では及第点となる出来だと感じました。

業界人同士のやり取りでは「牙狼のほうが良い」「いや仕置人だ」「出玉スピードが~、SAが~、安心感が~」など喧々諤々の議論が続いています。

いずれにせよユーザーの期待値は高く「未導入」の選択肢はありません。両機種とも主力~準主力クラスの台数を導入したうえでユーザーの反応を見ながらバランスを取るしかないと考えています。



大事なのは8月以降の取り組み

多少の差異はでるかもしれませんが、どのホールも体力に応じた比較的多台数導入が予想されます。

何台入れるかも大事ですが、入れた後にどのように運用するか?のほうが重要ではないでしょうか。

ここに着目するか否かで「効果的な投資」になるのか、「短期的な投機」になるのかの差がでるはずです。

資金力のないホールが無理して、むやみに大型ホールに対抗しても体力を消耗するだけという”最悪の結果”となってしまいます。

これから2021年までに新規則機へ入れ替えるペース配分も考えながら長期的な視点で営業スケジュールを組み立てる必要があります。

7月大型版権で一旦拡大した商圏のパイをどのように奪っていくか?

話題機種を導入機に

  1. どのように新規客を最大集客するか?(事前プロモーション)
  2. どのように店内で回遊させるか?(回遊機種の充実度)
  3. どのように再来店させるか?(次回来店契機の創出)

少なくとも上記3点について準備が必要です。

選択肢はおそらく無限にあります。

なかなか新台投資(新規則機)で結果が出ずらい環境ですが、この夏は少し潮目がかわるタイミングかもしれません。

とにかく7月 8月 9月 営業の組み立ては重要です。

私自身も念頭に置いて取り組みたいと思います。







-パチンコスロット, マーケティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

京楽「Pぱちんこ冬のソナタNA1」定点観測(2019/09/15)

ミドルのロングヒット機種「CRぱちんこ冬のソナタRemember-K1」の甘デジタイプとして2019年4月21日週「Pぱちんこ冬のソナタNA1」が登場して約5ヶ月(20週間)経過しました。 導入当初の …

三洋さんに届けこの想い!海シリーズ復刻版の提言

何度となくこのブログでも取り上げていますが、2021年1月末までに現在設置中の旧規則機をすべて新規則機に入れ替えることが、業界の課題となっています。 現在の新規則機導入状況は先日まとめたこの記事をご覧 …

「死に筋商品」を活かすという考え方

先日TVを見ていると、興味深い番組がありました。パチンコホールでも参考になると思いますので、ご紹介したいと思います。それは地方にあるホームセンターの話でした。このホームセンターは品揃えが特長的です。1 …

保通協適合状況(2019年6月)

本日7月1日、一般社団法人「保安通信協会」通称「保通協」から遊技機型式試験の6月結果が発表されました。詳細は下記からご覧ください 保通協適合結果→http://www.hotsukyo.or.jp/p …

パチンコと確率の世界(1000回ハマる確率)

前回は「パチンコ(スロット)は何回まわしたら大当たりするのか?」考え方をお伝えしました。 前回のコラムはこちらから→「パチンコと確率の世界(何回まわせば当る?)」   今回は前回のコラムを参 …