パチンコスロット 機種分析

大都「Re:ゼロ」定点観測(2019/07/08)

投稿日:

Re:ゼロが3/3に登場してから18週間経過しました。
先週までの実績を振り返りたいと思います。
下記は手元にある全国データをまとめたものです。

Re:ゼロ実績(全国20円スロット市場)




Re:ゼロ実績(全国 20円スロット市場)
                            6/30週   前週差

稼動シェア           4.4%      -0.2%
台数シェア           2.8%      -0.1%
アウト                  15,600   -300
支持率                  160%     ±0%
中古価格              72万円  -5万円

稼働シェアは微減していますが、台数シェアも微減していることから
「低貸移動」もしくは「売却」による減少と考えられます。

アウト微減ですが、支持率は横ばいとなっており
稼働状況は安定しています。

中古価格推移

(引用元「中古機相場.com」http://www.p-souba.com/

Re:ゼロ増産スケジュールまとめ

2019/3/3           8,000台
2019/3/17       5,000台 (計13,000台)
2019/4/21       3,000台 (計16,000台)
2019/5/19       15,000台(計31,000台)
2019/7/21       25,000台(計56,000台)
2019/9/16       10,000台(計66,000台)

中古価格は下落傾向が続いています。
2週間後の7/21週に2.5万台増産となることから
もし現時点で稼動が厳しいホールは売却するのも手ではないかと思います。

一度売却してしまうと、大都から以降の新台「Re:ゼロ」の供給がストップとなりますが、7月および9月増産によって、中古価格は一旦大幅に落ち込むことが想定されますので、新台価格を割った時点で再度買い戻しというリスクヘッジも図れます。

9月 販売予定機種
「Re:ゼロ新パネル増産 1万台」
「まどマギ新編 2.5万台」

9月は上記のように「Re:ゼロ」をめくりやすい機種が合計3.5万台も導入されます。
9月以降、価格が落ち込む可能性が高く、買戻しのチャンスになると考えられます。

30万~40万円で買い戻すというイメージになるでしょうか。

もちろん現時点でRe:ゼロが順調に稼動している店舗については、上記の限りではありません。以上、参考までに




-パチンコスロット, 機種分析
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ニューギン「Pうる星やつら」定点観測(2019/07/23)

「Pうる星やつら」が6/2週に登場以来、安定した業績を残しています。 直近の推移はどのようになっているのでしょうか? 先週までの実績を振り返りたいと思います。 目次1 機種情報2 全国実績3 中古価格 …

未だに議論が止まない注目の2機種 お盆明けの業績は?牙狼VS仕置人 実績比較(2019/08/27)

注目の2機種のお盆明け実績をまとめてみました。 未だに、ごく一部ですが白熱した議論がありますので、もう少し追跡調査を継続します。 各機種販売詳細 導入日 メーカー 機種名 販売台数 2019/7/7 …

コナミアミューズメント「S麻雀格闘倶楽部3KR」定点観測(2019/11/28)

「S麻雀格闘倶楽部3KR」が登場して16週間経過しました。 先週までの実績を振り返りたいと思います。 目次1 機種情報2 全国実績2.1 「S麻雀格闘倶楽部3KR」実績 全国20円スロット市場2.2 …

新規則機導入状況(2019年8月)

手元にある全国データから2019年8月末時点の新規則機導入状況を調べています。 目次1 新規則導入推移1.1 グラフ1.2 前月比較1.3 パチンコ( 新規則導入比率24.8% 前月対比+3.3%) …

ビスティ「P鉄拳3」定点観測(2019/10/16)

ビスティ「P鉄拳3」が登場して8週間経過しました。 先週までの実績を振り返りたいと思います。 目次1 機種情報2 全国実績2.1 「P鉄拳3」実績 全国4円パチンコ市場2.2 前週差3 中古価格推移  …