パチンコスロット 機種分析

メーシー「Pハイスクール・フリートMA」定点観測(2019/10/21)

投稿日:2019-10-21 更新日:

「Pハイスクール・フリートMA」が登場して9週間経過しました。

直近の実績を振り返りたいと思います。

販売詳細

メーカー メーシー
型式名 Pハイスクール・フリートMA
導入日 2019年8月19日
販売台数 10,000台
タイプ デジパチ
仕様 小当り、出玉振分、入賞口ラウンド数変化、右打ち
大当り確率 1/319.6 → 1/40.2
確変率 70%
確変システム 次回まで
時短システム 通常大当り後50or100回
平均連チャン数 4.4回
賞球数 1&4&10&15
大当り出玉 450 ~ 1500個
ラウンド 3or6or8or10
カウント 10
備考 ※出玉は払い出し個数

通常時からの小当りRUSH直撃ルートが無い変わりに、小当りRUSH中の確変当りは全て小当りRUSH継続となっています。一撃の出玉感に重きをおいたスペックになっています。

全国実績

下記は手元にある全国データをまとめたものです。

「Pハイスクール・フリートMA 6」実績 全国 4円パチンコ市場

前週差

  8週 9週 前週差
稼動シェア 0.57% 0.54% ▲0.03%
台数シェア 0.72% 0.71% ▲0.01%
支持率 80% 80% ±0%
アウト 11,000 10,700 ▲300
中古価格 140,275円 125,640円 ▲14,635円

中古価格推移 

(引用元「中古機相場.com」http://www.p-souba.com/

まとめ

支持率は導入5週目で早くも100%を切っていますが、以降は80%で横ばいで推移しています

「機歴販売」「抱き合わせ販売」というメーカー都合で需要以上に市場に投入されてしまった当機種ですが、一部では評価が見直されています。

このままの安定した推移を見せれば

かくれた「名機」になる可能性もありますね。

以上、参考までに。



-パチンコスロット, 機種分析

執筆者:

関連記事

机の裏を磨く心とは?

先日は私はこのようなことをつぶやきました。 昔、お客様のことをバックヤードでアダ名で呼ぶ店舗がありましたが、私は一切止めさせました。結局お客様を小馬鹿にしているのと一緒と思うからです。心の奥底のマイン …

大都「Re:ゼロ」定点観測(2019/09/02)

Re:ゼロが3/3に登場してから26週間、ちょうど半年経過しました。 お盆前に2.5万台の増産があり、1台当たりの「支持率」「アウト」が急落しましたが、「客数シェア」に関しては、増産前に比較してわずか …

「客数シェア」と「売上シェア」

皆さんは「売上シェア」という言葉をご存知でしょうか?なんとなく言葉の意味が理解できても具体的にどのように算出すればよいのか?意外と分からなかったりするものです。 今回は、「売上シェア」について深掘りし …

ニューギン「慶次漆黒」定点観測(2019/10/06)

「慶次漆黒」が昨年8月登場して13ヶ月が経過しました。 導入から1年以上経ちながら、今もなお 徐々に台数シェア、稼動シェアを拡大中 現在では4円パチンココーナーの一角を担う主力機種として貢献中です。 …

山佐「Sタイガー&バニーHZ」定点観測(2019/10/28)

山佐「Sタイガー&バニーHZ」が登場して7週間経過しました。 比較的強い版権とのことで、メーカーの事前販促は力が入っていたと思います。 しかし「まどか☆マギカ叛逆」と同時期の販売となり、完全に話題をも …

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930