パチンコスロット 計数管理

パチンコと確率の世界(1000回ハマる確率)

投稿日:2019-05-26 更新日:



前回は「パチンコ(スロット)は何回まわしたら大当たりするのか?」考え方をお伝えしました。

前回のコラムはこちらから→「パチンコと確率の世界(何回まわせば当る?)」

 

今回は前回のコラムを参考に、ハマリについてお話したいと思います。

 

よくお客様から「1000回もハマルのはオカシインジャナイカ!」とか

「2000回ハマッタゾ!どうしてくれるんだ!」など

お叱りを受けることがあります。



1000回ハマル確率

実際、数学的に求めると一体どれ位の確率で発生するものなのでしょうか?

仮に確率300分の1で検証してみましょう。

前回と同様の求め方で1000回連続でハズレを引く確率を求めます。

1回転でハズレを引く確率は 299/300ですよね。

それを1000回掛け合わせると、1000回はまる確率が求められます。

299/300×299/300……(1000回繰り返し)=0.035475・・・・≒3.5%

大当り約28回に1回の割合で発生するということになります。

結構頻繁に起こる計算ですよね。

2000回ハマル確率

では2000回ハマル確率はといいますと・・・0.12%!

大当り約800回に1回の割合で発生します!

これを多いと思うか少ないと思うか?







-パチンコスロット, 計数管理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

抜群の初動を見せた「Sガルパン」の最新動向まとめ オリンピア「Sガールズ&パンツァー」定点観測(2019/08/21)

「Sガールズ&パンツァー」が7/7週に登場して6週間経過しました。 受注が大幅にパンクして取り合いとなった期待の人気機種でしたが、直近の推移はどのようになっているのでしょうか? 先週までの実績を振り返 …

店長に読んでもらいたい名著『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』から学ぶ 

現代のパチンコ店の営業においてマーケティングの知識は不可欠です。そのマーケティングの世界で今一番脚光を浴びているのが、今回ご紹介する森岡毅さんではないでしょうか? 今回紹介する『USJのジェットコース …

三洋さんに届けこの想い!海シリーズ復刻版の提言

何度となくこのブログでも取り上げていますが、2021年1月末までに現在設置中の旧規則機をすべて新規則機に入れ替えることが、業界の課題となっています。 現在の新規則機導入状況は先日まとめたこの記事をご覧 …

経済産業省 特定サービス実態調査(2019年7月速報)

経済産業省 特定サービス実態調査 「7月速報」がでました。 6月まで5ヶ月連続で続いた前年対比「プラス推移」が 7月は「マイナス推移」となりました。 ▲4パーセントと割と落差のある下落となっています。 …

保通協型式試験通過状況(2019年5月実績)

先日(6/3)保通協の型式試験通過状況の発表がありました。保通協とは「一般財団法人 保安通信協会」の略で、パチンコスロットの型式試験を行っている機関です。毎月初に先月の型式試験の実績が発表されています …