パチンコスロット 機種分析

ついに稼動シェア頭打ちか?ディスクアップ/ZS 定点観測20190811

投稿日:



先月までのディスクアップの実績を振り返りたいと思います。

下記は手元にある全国データをまとめたものです。

全国実績

ディスクアップ 実績(全国 20円スロット市場)

  6月 7月 前月差
稼動シェア 3.22% 3.18% -0.04%
台数シェア 2.40% 2.60% 0.20%
アウト 13000 12,000 -1,000
支持率 130% 120% -10.0%
中古価格 39万円 35万円 -5万円

「台数シェア」は7月も増加

先月7月も台数シェアが伸びています。

増産に次ぐ増産で毎月のように台数シェアが向上しています。

「稼動シェア」初のマイナス推移

稼動シェアについてはついに前月対比でマイナスとなりました。

これまで増産ペースと同調するように稼動シェアも増加の一途でしたが、7月で初めてのマイナスを記録しました。



今後について

このまま稼動シェア3%前後を頭打ちに落ち着いてしまうのでしょうか?

年末の旧基準機(まどマギ、ハーデス、バジ絆)撤去によりスロットユーザーが大きく動くことが想定されます。

上記撤去機種の後継機(新基準機/6号機)がユーザーのニーズに合致しなければ、受け皿として「リゼロ」「ディスクアップ」が想定されます。

そうなった場合は、もう少しシェアが伸びる可能性もありますね。

それにしても、「リゼロ」にせよ「ディスクアップ」にせよ薄利運用が求められる機種のシェア拡大ばかりだと、粗利への圧迫が懸念されます。

やはり「稼動」「粗利」両面で貢献できる6号機の登場に期待したいところです。

参考資料「ディスクアップ5スロ運用のすすめ」

先日(2019/7/11)のブログより引用

ディスクアップは稼動を牽引する機種として貢献しています。しかし粗利への貢献はほぼ見込めていません。

登場から1年が経過し、ユーザーの技術が向上していることもあり、同じ設定状況でも出率が向上しています。特に単価の高い20スロにおいても技術の高いユーザーがシビアに打ち込んでいることもあり、ここ数ヶ月ではほぼ粗利0のような状況となっています。

逆に低貸である5スロのほうが粗利が稼げている状況です。設定状況が少し違う可能性もありますが、基本的には打ち手のレベルの差であると考えています。高い技術を持っているユーザーであれば当然高単価 20スロで遊戯するほうが特です。5スロを遊戯する客層は相対的に技術が低いユーザーが集まりやすいことになります。

結果として、この数ヶ月に関しては単価が違うにも関わらず20スロとよりも高いコイン粗利となっています。稼動も5スロのほうが当然高い分、得られる台粗利も5スロのほうが高いという逆転現象が起きています。

20スロですこし飽和してきているホール様に関しては、5スロでの活用も積極的におこなってみてはいかがでしょうか?

以上、参考までに









-パチンコスロット, 機種分析
-, , ,

執筆者:

関連記事

結果が出にくい時代こそ「SWOT分析」が必要です

目次1 SWOT(スウォット)分析の重要性2 SWOT分析の目的3 SWOT分析の手順3.1 (1)現状把握(外部環境 内部環境)3.2 (2)戦略・戦略課題の明確化4 斜陽産業のパチンコ業界において …

大都「Re:ゼロ」定点観測(2019/06/02週実績)

2019年3月にRe:ゼロが初登場してから14週間経過しました。 先週までの実績を振り返りたいと思います。 下記は手元にある全国データをまとめたものです。 6/2週 Re:ゼロ実績(全国 20円スロッ …

「メモの魔力」から学ぶ パクる技術 パチンコ営業への活かし方

先日ショールーム代表の前田裕二さんが書いた「メモの魔力」を読みました。 この人が前田裕二さん ↓ 本の内容を一言で説明すると 目次1 メモというツールを通じて、自分の人生をいかに豊かにするか?2 例え …

サンスリー「PA清流物語3XBA 定点観測」定点観測(2019/08/29)

サンスリー「PA清流物語3XBA」が登場して20週間経過しました。 先週時点で支持率80%と新規則機の中では比較的堅調な推移を見せており、中古価格と実績を考慮するとお買い得な機種と感じます。 先週まで …

三洋さんに届けこの想い!海シリーズ復刻版の提言

何度となくこのブログでも取り上げていますが、2021年1月末までに現在設置中の旧規則機をすべて新規則機に入れ替えることが、業界の課題となっています。 現在の新規則機導入状況は先日まとめたこの記事をご覧 …